>>>急げ!急げ!高級ドッグフードが今すぐ激安でお試しできるワン!詳細はコチラ▶

我が家の犬は自己主張が強い性格!上手なしつけ方と付き合い方

我が家の犬は自己主張が強い!上手な飼い方としつけの方法

自己主張が強い犬は飼い主のあなたへの服従心がまるでありません。

けれども愛犬。やはりかわいいものですよね。
可愛さ余って家族がドンドン甘やかす。

そうなってくると自己主張が強いタイプの犬は、ますますわがままになって、今までよりも飼い主や家族の言うことをきかなくなってしまいます。

さらに自己主張が強いタイプの厄介なところは、主従逆転を常に狙っているということです。

ここでは自己主張が強い犬の上手な飼い方と、あなたへの服従心を養う方法について解説していきます。

スポンサーリンク
 
 

あなたの犬は自己主張が強い?チェック項目4つ

まずはあなたの犬が本当に「主従逆転をねらっている自己主張が強いタイプ」の犬に当てはまるのかを見ていきましょう。
以下のチェック項目をご覧ください。

1.散歩の途中に座り込む

散歩の最中に犬が突然座り込んでしまうことはありませんか?
これは犬が行きたい方向に行けないので行きたくないと主張して座り込んでいるのです。

2.自分のものを守る

例えば犬のおもちゃを片付けようと飼い主が触った瞬間にうなります。
それよりさらに自己主張が強くなってくると、飼い主の手を噛むことさえあるのです。

これは物に限らず、犬の場所をどかそうとする時にも当てはまります。
ソファーやベッドに犬が座っている時に、少しどいてももらいたい時ってありますよね。
そんな時に少しでも触ろうものなら犬は激しく怒ります。

3.少しでも叱ると激しく怒る

犬がいたずらをしていたら当然注意すると思いますが、自己主張が強いと叱られた場合、激しく怒り返してきます。

つまり「かなり反抗的な態度をとる」ということですね。
反抗的なのでほとんど素直に言うことを聞くことがありません。

4.人がさわると怒る

飼い主は大丈夫なのですが、知らない人が触ろうとすると激しく怒ります。

自己主張が強くなってくると、犬の格付で飼い主の中で一番身分の低い人に対しても怒るようになるのです。

チェックを終えてみて

あなたの愛犬はどれくらいこのチェック項目に当てはまりましたか?

上記の4つのうち2つ以上あてはまれば、あなたの犬は自己主張が強いタイプです。
もちろん3つ4つと増えるごとに自己主張レベルはドンドン上がっていきます。

あわせて読みたい!

ここまで読んでみて「あれ?うちの犬は自己主張が強いというよりも、やんちゃなだけかな」と思う飼い主さんもいるかもしれません。

ヤンチャな犬、育て方次第で落ち着いた犬に育てることができます。

 

関連記事>>>【簡単】やんちゃな子犬を落ち着いた成犬にするトレーニングのコツ


シロ

自己主張が強いタイプの犬にしつけをする場合、ちょっと考え方を変えなければなりません。

メグ

え?
自己主張が強いタイプの犬にはしつけの方法を変えなければいけないの?

シロ

はい。では順を追って説明しますね。
スポンサーリンク
 
 

自己主張が強い犬をどうやってしつけるべきか。その方法2つ

自己主張が強い犬に足りないものは服従心です。
服従心を養うことができれば、必然的に主張はおさまっていきます。

では自己主張が強い犬のしつけ方を順を追って説明します。

1.まずは飼い主が考えるべきこと

服従心が強いからと言って、無理やりいうことを聞かせようとするのは間違ったしつけです。
自己主張が強い性格に対して強制は逆効果であり、ストレスを溜めてしまう原因となります。

飼い主としては「今すぐに自己主張を抑えなければならない」と意気込んでしまい、無理な接触をしてしまいがちです。

つまり過剰の接触は禁物ということ。

そして最終的な目標は「愛犬が自ら飼い主に対して愛情を求めるように仕向けてあげる」ことが重要なのです。

この考え方を忘れないようにしましょう。

次は手順2です。

2.無視を貫く

例えば、犬が何かを要求した際、徹底的に無視をします。
そして反抗的な態度を見せたら背を向けて目を合わさず無視しましょう。

ただし飼い主の言うことを聞けた場合や、愛情を求めてきたときは思いっきりかわいがってあげてください

まとめ

シロ

自己主張を抑えるためには、メリハリが大事ということですね。

メグ

服従心を養わなければいけないけれど、無理やりおさえつけないしつけが重要なんだね!

シロ

そうなんです。
そして犬は要求が通らなければ激しく怒り、ストレスをためやすい体質になってしまう可能性だってあるんですよ。

ハピ

犬が自分の事を格上だと思ってしまうとこんなに困ったことがいっぱいあるんだな。。。

シロ

その通りです。
自己主張が強い犬には、家族のほうが格上だということを教えてあげなければなりませんよ。

もちろん上記で説明したのは飼い主だけで対処できる場合の話です。

注意
攻撃性の強い犬は要注意です。

恐ろしく攻撃性の高い自己主張の強い犬もいます。
その場合は飼い主がさわることは非常に危険な状態ですので、しつけの専門家に相談する事が重要です。

そのような状態になっている犬の方が珍しいのですが…。

スポンサーリンク
 
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です