>>>急げ!急げ!高級ドッグフードが今すぐ激安でお試しできるワン!詳細はコチラ▶

その原材料危険じゃない?安全なドッグフードの見分け方を教えてあげるワン!

その原材料危険じゃない?安全なドッグフードの見分け方を教えてあげるワン!

ドッグフードの表示を見たことはありますか?

見ても正直わからないですよね。

  • トウモロコシ粉
  • 小麦粉
  • 大豆ミール
  • 牛肉副産物
  • 鳥肉副産物

これはドッグフードに含まれている原材料の一部にしか過ぎませんが、ドッグフードにはこのような表記がされています。

特に何も問題ない当時のように思えますが、、、

シロ

実はこれめちゃくちゃ低品質な原材料が含まれているんです。

メグ

え?

牛肉とか小麦とか、めちゃくちゃ普通の成分じゃん。

ハピ

実は上記ドッグフードの原材料には、「え!そんなものも入れてるの!?」とビックリするようなものも含まれているんだ。
本記事では危険な原材料を覚えて安全なドッグフードを選べるようレクチャーしていきます。

危険な原材料を知る前に

安価なドッグフードの危険性

安価なドッグフードには基本的に粗悪な原材料が混ざっていることが多いです。

その理由は、安価なドッグフードを量産するためのかさ増しとして使用するため。

MEMO
安く量産するには、良質な原材料だけでは利益を圧迫してしまうので、どうしてもタダ同然で手に入る粗悪な原材料でかさ増しをするしかないのです。

つまりドッグフードはリサイクルされていると言っても過言ではありません。

かさ増しのために使われている低品質な原材料こそ、愛犬に食べさせてはいけない危険な原材料なのです。

 

危険な原材料の濁し方

ドッグフードには大豆ミール牛肉副産物などが含まれている場合があります。

何も知識がなければ、これらの原材料はいたって普通の原材料に見えるでしょう。

ですが、わざわざ「大豆にミール」を付け加えたり、「牛肉に副産物」と付け加える必要があるのでしょうか

これこそ、低品質な原材料の名称を濁しているだけに過ぎません。

  • 大豆なら大豆
  • 牛肉なら牛肉

でいいじゃないですか。

わざわざミール副産物とつけるには理由があるんです。

もうお分りかもしれませんが、ミールがついていたり副産物がついているのは危険な原材料なんです。

MEMO

牛肉のかさ増しとして、普通は人間は食べることがない部位を混ぜています。

つまり混ざっている場合、牛肉と明記できないので、牛肉副産物と記載されているのです。

ハピ

では、様々な危険な原材料について解説していきます。

ドッグフードの原材料表記の欄に以下の原材料が含まれている場合は、ドッグフードとして試させるには余りにも低品質だということを覚えておいてください。

ドッグフードに使用されている危険な原材料

これから紹介する原材料は、ドッグフードの中に含まれている可能性があるものです。

逆を言えば、下記で説明する原材料が含まれていないドッグフードを選ぶことで安全なドッグフードを購入する事ができるのです。

4Dミート

これらは食品として不適格として判断されたものです。

  • 死亡した動物の肉
  • 死亡しかけていた動物の肉
  • 病気にかかっていた動物の肉
  • ケガをしていた動物の肉

これらを4Dミートといいます。

注意
人間は食べることができませんが、ドッグフードに混ぜることは禁止されていないので4Dミートが含まれている可能性は高いのです。

 

副産物

ドッグフードにふくまれている副産物は、牛肉副産物畜肉副産物鶏副産物などがありますが、これらは全て我々が口にする品質には遠く及ばないものです。

普通の牛肉であれば、わざわざ副産物をつける必要はないですよね。

副産物とは?

骨や内臓、そして血液、皮・鳥のくちばし羽根など。

これら人間が食べるに値しない原材料をドッグフードにまぜています。

それだけならまだ良いのですが、中には尿や糞・腫瘍肉までも含まれている可能性だってあるのです。

さらに、栄養を搾り取った後に捨てられる、畜肉の残りカスである場合もあります。

これは本来必要な成分ではなく、明らかなかさ増しですよね。

MEMO

見分けるポイント

ドッグフードに含まれている、牛肉や鶏肉の全てが危ないわけではありません。

  • 牛肉
  • ラム肉
  • 魚肉

このように明記してある場合は、副産物は含まれていないので安心して購入することができます。

 

ミール

チキンミール大豆ミール。

ドッグフードにはこのように表記されている場合があります。

大豆なら大豆と表記すれば良いだけなのに、なぜわざわざ「ミール」を付ける必要があるのか。
わざわざミールを付けているには意味があるんです。

たとえば大豆ミール
これは、大豆から有用成分を搾り取った後に残るカスのこと。

ドッグフードに含まれている理由は、かさ増しです。

大豆ミールの危険性

大豆ミールを原料に使用しているドッグフードを食べた犬は、腸内異常発酵によって通常の5倍のガス量が発生します。

これは、血行障害を引き起こす鼓腸症の原因となるので注意が必要。

 

穀類

ドッグフードの欄に穀類と表記されていた場合は要注意です。

穀類と表記されているほかにも、

  • トウモロコシ粉
  • 麦粉
  • 米粉

このように表記されている場合はカビが生えている古いものや、古古米を原材料に使用している可能性があります。

と抽象的に記載してある場合は注意しましょう。

ポイント

もちろん原材料に

  • トウモロコシ

とはっきり記載されている場合は大丈夫です。

穀類のその他の注意点

犬も人間と同じで穀物アレルギーを持っている可能性があります。

 

愛犬家の中では常識ですが、穀物アレルギーを防ぐためにグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを与えている方も多いです。

 

ビタミン

もちろんフードにビタミンが含まれているにこしたことはありません

ですがドッグフードの場合は、少し捉え方が違う場合もあります。

注意
それは、低品質な原材料のマイナスを補うためのビタミンである可能性も考えられるからです。

もちろん低品質な原材料であればあるほど、大量のビタミンが必要になるのはお分かりですね。

安価なドッグフードにたくさんのビタミンが配合されている場合は、注意した方が良いでしょう。

 

BHA

添加物の1つ。

これはもともとガソリンの酸化防止のための化学物質です。

動物実験の結果ではBHAは、発癌の危険性があると分りました。
ですので人間の食用品にBHAを使うのは禁止されています。

が、ドッグフードに使用するのは禁止されていませんので酸化防止にBHAが使われていることがあるので注意。

 

BHT

こちらもガソリンの抗酸化剤。

人間の食品でもガムやバターなど限定した食品に限り使うことを許可されていますが、アメリカの実験結果では、膀胱がんや甲状腺がん誘発の可能性が指摘されています。

これもドッグフードに含まれていたら要注意。

 

エトキシキン

MEMO

エトキシキンは主に

  • ゴムの固定剤
  • 除草剤

などに使われています。

エトキシキンはこれまで人間の食品に許可が降りたことが一度もありません

それくらい強力で危険な成分

強い抗酸化力で防腐力が高いため安い飼料に使用されています。

着色料

人間は色で食べ物楽しむことができますが、犬は色を識別することができません。

よく考えてみてください。
色を識別できないのに、ドッグフードに着色料を使用する必要はあるのでしょうか?

着色料を使用する意味は、フードの色の悪さを隠すためや、人間に向けて美味しそうに着色しているからです。

つまりドッグフード商戦に勝ち抜くためだけの着色料なんです。

着色料のような人工添加物は、本来摂らない方が良いに決まってますよね。

 

着香料

犬の食い付きを良くするための人工添加物。

ドッグフードのニオイは素材そのものの香りでないといけません。

素材の香りで犬の食い付きがよければ、それは本物のドッグフードです。

 

保存料

保存料は最も有名な食品添加物の1つ。
保存料で、必要以上に消費期限を延ばされている可能性もあります

保存料と消費期限

ドッグフードを選ぶコツの1つとして、なるべく消費期限が短いものを選ぶと良いでしょう。

 

消費期限が短ければ保存料が少ない

または使用されていないと考えられるからです。

 

これは、あくまでも目安程度に。

 

塩化ナトリウム食塩

人間は多少を塩分を取りすぎても汗として排出する事ができますが、犬は汗を流すことはないため、なかなか塩分を排出する事ができません

ドッグフードに多量の塩分が含まれていると、高血圧や心臓病の原因となります。

 

動物性脂肪

ドッグフードに含まれている脂肪には動物性脂肪植物性脂肪があります。

これが動物性脂肪の場合はちょっと危険

注意
その理由は植物性脂肪と比較すると、動物性脂肪の方が格段に劣化しやすいからです。

劣化しやすいと、どうなるのでしょうか。
人間は、劣化を防ぐために保存料や酸化防止剤をまぜるのです。

動物性脂肪でも質の良いものとは?

動物性脂肪って結構曖昧な表現ですよね。

  • サーモンオイル
  • 鶏油
  • ニシン油
  • ラム脂肪

このように明記してある場合は高品質な動物性脂肪の証拠

 

含まれていたら避けたい原材料一覧

  • 4Dミート
  • ○○副産物
  • ○○ミール
  • 穀類
  • トウモロコシ粉
  • 麦粉
  • 米粉
  • BHA
  • BHT
  • エトキシキン
  • 着色料
  • 着香料
  • 保存料
  • 人工添加物

「肉」の危険性

本来なら鶏肉と記載すれば良いのに鶏副産物と記載してある。
これはかさ増しのために、人間が食べる品質に値しないクチバシや羽がまぜられているものだと説明しましたね。

ですので副産物の危険性を、お分りいただけたと思います。

それだけではなく、そもそもペットフードに使用されている「自体」危険なものである可能性があるのです。

たとえば畜産業者が人間の食用に肉を生産していたとします。

 

その時に与えていた飼料に化学薬品が混ぜていたり、太らせるためのホルモン剤をガンガンまぜているかもしれません。
その他にも、飼育環境の悪さをカバーするために、殺虫剤も散布している可能性だってあるのです。

 

飼育された家畜は、基準値以上の薬剤残留量が検出されると、食品として扱うことができません。

そのような家畜はただ殺処分されるだけではなく、ペットフードとして再利用されるのです。

 

こんな低品質な肉(殺虫剤や化学薬品)が使われたペットフードを、あなたは愛犬に食べさせているかもしれないのです。

愛犬に低品質な原材料が使われたフードを食べさせないようにするには、牛肉や鶏肉と明記されたものを与えなければなりません。

注意

牛肉や鶏肉と明記されている物は、あくまでも安全なフードを選ぶときの目安の1つ

もちろん明記してあっても、そもそも肉自体が低品質(4Dミート)の場合があります。

ですので一番安全にドッグフードを選ぶには、ヒューマングレードのフードを選ぶと、副産物やミール、そして低品質な肉をまぜてあるドッグフードに当たることはありません。

ヒューマングレードとは人間でも食べられる品質の原材料の事。

ヒューマングレードの原材料を使用しているドックフードをあげることが1番好ましいです。

危険なドッグフードを食べさせないために

今使っているドッグフードの安全性を保証したいのであれば、プレミアムドッグフードがオススメ。

ポイント
プレミアムドッグフードは、人間でも食べられる品質の原材料を使用したドッグフードの事。

人間は少しぐらい添加物が入っている食事でも、直ちに影響があるわけではありません。

ですが犬の寿命は人間と比べると8分の1以下
犬は寿命が短い分、もろに影響受けてしまいます。

そして、人間の感覚で作られているドッグフードは犬の寿命をさらに短くします

人間の感覚で美味しく作ろうと思うと、やはり塩分が強くなりがち。
これは先程も説明したように、犬は塩分を汗で排出する事ができませんから心筋梗塞などの原因になります。

注意
このように人間の価値感で、そして犬の感覚を無視したドッグフードは、いろいろな意味で非常に危険なのです。

犬は自分でご飯を選ぶことができません。

だから犬目線で作ってあるドックフードをあげたいですね。

犬のためを思って作ってあるのはプレミアムドッグフード

毎日食べるものだから、フードは健康に直結します。
愛犬と少しでも長くいられるよう、プレミアムドッグフードにこだわりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です