犬のニオイまだとれないの?簡単に消臭できるヒミツはコチラ▶

【子犬・成犬に両対応】絶対に食べさせたいドッグフードおすすめランキング

【子犬・成犬に両対応】絶対に食べさせたいドッグフードおすすめランキング

ペットフードなら近場のホームセンターに買いに行けばいいや。

と安易に思っていませんか?

特に子犬期の食事は重要

この重要な時期にたっぷりと栄養を摂ることで、すくすくと育ってくれるんです。

ずっと一緒にいたい家族だから少しでも良いものを
犬を飼っているのであれば、この気持ちは誰でも持っていますよね。

そんなかわいい愛犬に、適当に選んだドッグフードを食べさせてよいのでしょうか…?

ドッグフードは毎日食べるものにするもの。
直接体内にとり入れるものなので、健康に直結します。

健康の維持にはやっぱり栄養が重要です。

ハピ

たっぷりと栄養を摂るには、やはりドックフード選びは最重要。

ということで、栄養満点のオススメしたいドッグフードを紹介するぜ!

メグ

もちろん、ドッグフードなら何でもいいわけじゃないよね?

シロ

もちろんですよ。

良いドッグフードを選ぶためにまずは、選定基準を知っておかなければなりません。

本記事では基本的に全ステージ(全年齢)対応のフードを紹介しています。

以下のボタンでランキングへ一気にジャンプ可能!

 

お急ぎの方はコチラから一気にランキングへジャンプできます。

 

ドッグフードの選定基準

1.高タンパク

タンパク質は、筋肉や内臓を形成するとても重要な成分。

タンパク質の多いドッグフードをたくさん食べると、健康な体作りができるのです。

MEMO
子犬時期に必要なカロリーは、体重1kgに対して約100kcalから120kcal

 

2.添加物が少ない

添加物は本来、犬に必要が無いもの。

人工物添加物は有害で、アレルギーや発癌の原因となります。

注意

特に

  • エトキシキン
  • BHA
  • BHT
  • 没食子酸プロピル

は要注意。

フードの記載欄を確認してみましょう。

 

3.消化が良い

基本的に犬は、消化に関わる成分である酵素を体内で生成する事ができないので、もともと消化が上手ではありません。

特に臓器がまだ未発達な子犬の場合はなおさら。

ポイント

タンパク質が多いドッグフードであれば、消化吸収が抜群です。

高タンパクのドッグフードは、効率の良い消化吸収につながるんです。

 

4.穀物は避ける

特に穀物類は消化しにくいです。

近年のドッグフードはかさ増しのために、無駄な穀物(トウモロコシ等)をまぜているフードも少なくありません。
さらに穀物アレルギーのリスクも考えられます。

ドッグフードは穀物不使用(グレインフリー)を選びましょう。

 

5.コスパの良いもの

コスパを勘違いしている方も多いのですが、安いという意味ではありません。

かけた費用に対してどれだけの効果を得られるかの事です。

ポイント

他のドッグフードと比べて

  • 5000円かかっても高い栄養価があればコスパが高い
  • 1000円かかっても2000円分の栄養価があればコスパが高い

このように考えましょう。

いわゆる割高な商品は購入しないということですね。
※当サイトでは割高なドッグフードは紹介していません。

 

6.小粒である

特に子犬であればこの項目は重要。

子犬は口が小さいため、大きな粒のドッグフードを食べたがりません。

 

MEMO

成犬であっても粒が小さいにこしたことありません。

粒が小さくて食べないことはありませんが、粒が大きくて食べないことよくある話です。

 

 

7.誰が開発に携わったのか

たとえば、ただ単に優良メーカーが製造したものではなく「優良メーカー+犬の栄養分野の権威者」と共同で開発されたドッグフードであれば、誰でも安心・信頼して愛犬にドッグフードを与えることができますよね。

 

8.原材料の表記があいまいでないか

ドッグフードの成分欄に「副産物」「家禽ミール」と記載してあるドッグフードはやめましょう。
「副産物」とは、人間では食べることはない部位のものです。

安価なドッグフードによく含まれています。

副産物って?

鶏・牛、様々な部位がありますが、副産物とは

  • くちばし
  • 羽毛
  • 死んだ動物の肉
  • 病気の動物

の事を指します。

 

ドッグフードの選定基準まとめ

メグ

ドッグフードってホームセンターでちゃちゃっと買ってこればいいと思ってた。

結構シビアなものなんだね。

シロ

特に子犬の頃は非常にデリケート。

少しでも、品質の良いものを食べさせてあげ、健康に育ててあげましょう。


ハピ

コスパだコスパ!

シロ

(うるさいなぁ・・・。)

それでは上記の条件を満たした、安心で安全なドッグフードを紹介していきますね。


オススメしたいドッグフードランキング

1位 モグワン

モグワンの評価
栄養価
(5.0)
食いつき
(5.0)
アレルギー対応
(4.5)
信頼性
(5.0)
コスパ
(5.0)
子犬対応
(5.0)
成犬対応
(5.0)
総合評価
(5.0)

特徴

  • 肉・魚介のダブル配合で高たんぱく
  • 穀物不使用
  • 手作りレシピ(酵素配合)
  • 獣医師監修
  • 獣医学雑誌掲載
  • 無添加
  • 全年齢対応
  • 全犬種対応
  • 小粒
  • 100円お試しあり

子犬期に必要とされる1回の食事におけるタンパク質の必要量は約25%。
モグワンは一食あたり50%のたんぱく質を補うことができます。

最大の特徴は「肉と魚」、両方の動物性タンパク質を含んでいるところ。

ドッグフードの中で最高峰のバランス型フード

そして、消化機能が発達していない子犬にも・そして消化機能が衰えている老犬にもやさしいように酵素が含まれています。
通常、酵素は手づくりフードからしか摂取する事はできませんが、モグワンは手づくりレシピを動物栄養管理士が監修して酵素を含むよう特別に作られています。。
※酵素は消化を助ける成分

  • 食い付き
  • 栄養
  • 実績

たんぱく質の豊富さや、肉・魚のダブル配合、酵素があることを考えると、どの年齢の犬にも非常にオススメできるドッグフード。

全てを網羅し、他のドッグフードよりも頭2つぬけている最高のドッグフードがモグワンです。

主な栄養素
タンパク質 28%
チキン 33%
サーモン 20%
いきなりモグワンを購入するのが不安という方はモグワンに限り、100円でお試しできるようになっています。

 

1袋購入しても、もしかしてワンちゃんが食べてくれなかったときに困りますからね。

 

100円で試してみて、ワンちゃんがおいしそうに食べたら、本格的にモグワンにするのもいいですね!

 

2位 カナガン

 

カナガンの評価
栄養価
(5.0)
食いつき
(5.0)
アレルギー対応
(4.5)
信頼性
(4.5)
コスパ
(4.0)
子犬対応
(4.5)
成犬対応
(5.0)
総合評価
(4.5)

特徴

  • 肉重視の配合で食いつき抜群
  • 高たんぱく
  • 穀物不使用
  • エリザベス女王からの表彰
  • 獣医師推薦
  • 無添加
  • 小粒

カナガンは、モグワンより先に作られたプレミアのドッグフード。

特徴は何と言っても肉の比率

モグワンは魚と肉のバランス配合でしたが、カナガンは肉の比率を多くする事でかなり食い付きが良いです。
食い付きの評価の星を10としても過剰評価ではありません。

もちろんこちらも穀類は使われておらず、その他の原材料もアレルギーフリーで作られています。

酵素は入っていないため、モグワンよりも消化力は劣ります。
粗タンパク質は33%でモグワンよりもやや高め。

肉がたくさん配合されているので、とにかく食い付き重視で選ぶならカナガンがオススメ。

主な栄養素
タンパク質 33%
チキン 51%

3位 ファインペッツ極

ファインペッツ極の評価
栄養価
(5.0)
食いつき
(5.0)
アレルギー対応
(4.5)
信頼性
(4.5)
コスパ
(4.0)
子犬対応
(4.5)
成犬対応
(4.5)
総合評価
(4.5)

特徴

  • アヒル肉・ニシンで動物性たんぱく質のダブル配合
  • 肉配合率90%で高たんぱく
  • 穀物不使用
  • 中国産原材料を一切不使用
  • 初回限定1000円
  • 無添加
  • 小粒

2位のカナガンと比較しても遜色ありませんが、獣医師、表彰や雑誌掲載等の実績を考慮しての3位。

ただし、栄養価については甲乙付けがたく、非常に素晴らしいドッグフードです。

品質を考慮し、何かと話題の絶えない中国産の原材料は一切使わないという徹底ぶり。

ファインペッツ極も魚・肉、両方の動物性タンパク質を含んでいますが、肉率が90%とどちらかといえば食い付き重視のフード。
もちろん、原材料もヒューマングレード(人間でも食べられる品質の事)で高品質。

粒の大きさは小粒・大粒どちらも選択可能です。

初回に限り1000円で購入する事ができるので非常にお得ですよ。

主な栄養素
タンパク質 36%
アヒル肉 比率不明

4位 アランズナチュラルドッグフード

アランズの評価
栄養価
(5.0)
食いつき
(4.0)
アレルギー対応
(5.0)
信頼性
(4.0)
コスパ
(4.0)
子犬対応
(3.0)
成犬対応
(5.0)
総合評価
(4.0)

特徴

  • 生ラム肉がヘルシー
  • 原材料を厳選し限りなく自然に近く
  • 穀物不使用
  • 低アレルギー
  • ローカロリー
  • 小粒
  • 無添加

アランズナチュラルドッグフードのコンセプトは自然に近い食事。
野生の頃の犬の食事を重きにおいて、犬に必要なものだけ摂り入れることができるドッグフードです。

また、自然な食事だけでは効率よく補えない栄養も配合。

厳選された10種類の素材のみを使用する事で、低アレルギーとなっています。

肉の原材料は生ラム肉を使用しているので、低カロリーの仕上がり。

ポイント
カロリーを必要とする子犬には向きませんが、太りすぎてしまった成犬にはかなりオススメです。

推奨年齢は7ヶ月以降で、ローカロリー。
メインとまではいきませんが、様々なシーンに対応してくれるドッグフードです。

主な栄養素
タンパク質 20%
生ラム肉 55%以上

5位 ブッチ

ブッチの評価
栄養価
(4.5)
食いつき
(5.0)
アレルギー対応
(4.0)
信頼性
(4.0)
コスパ
(3.0)
子犬対応
(5.0)
成犬対応
(5.0)
総合評価
(4.0)

特徴

  • ウェットフード
  • 無添加
  • 穀物不使用
  • 低アレルギー
  • 動物性たんぱく質92%
  • 限りなく生食を再現
  • 保存も簡単

ブッチはウェットタイプのドッグフード。

犬に与える食事としては、基本的にウエットタイプはオススメできません。
その理由は、ウエットタイプは消費期限が短いため、保存料などの添加物が含まれているからです。

ただしブッチは違います。

ウェットフードですが、無添加にこだわり、保存料は一切使用していません。
ですので開封後は10日以内に消費しなければなりません。

ただし、ワンちゃんも大好きなウェットフード。
食い付きはもちろん良くなります。
ですので、すぐに消費してしまうこと間違いありません。

ポイント
それに加えてブッチは、肉の比率が92%なのでタンパク質も豊富。

そして低アレルギーにこだわった仕様となっていますので、子犬にもオススメできるドッグフードです。(パッケージの色により成分含有量が違います)

絶対にドライフードは食べてくれないというワンちゃんにいかがでしょうか。

消費期限の短さや、ウェットフードの認知度から5位になってしまいましたが、栄養価・食い付きどれをとっても他のドッグフードに引けをとりません。

いつもドライフードをあげている方も、ご褒美としてブッチを使うというのも良いですね!
フードローテーションに組み込むのも非常にオススメ。

主な栄養素
ビーフ(黒) 33%
チキン(黒) 18.5%
ラム(黒) 25%
チキン(白) 80%
チキン(青) 80%
ムロアジ(青) 25%

ドッグフード選びに迷ったらこれ!

メグ

みんなはどのドッグフードが良いと思った?

シロ

私は自然食に近いアランズナチュラルドッグフードですかね。

ハピ

真面目かよ!

俺は、、、ウェットタイプのブッチが気になるぜ!

メグ

色々なドッグフードがあって迷っちゃうね。

でもうちはやっぱりモグワンだよね。

シロ

なんだかんだ言っても、モグワンが一番栄養バランスが取れていて、すべてのドッグフードの良いところを網羅していますからね。

ハピ

俺たちがこんなに健康なのは、モグワンのおかげだぜ!

メグ

もし、ドッグフード選びに迷ってしまったらモグワンで間違いないよねっ!

ハピ

でも、「フードを変えたら食べてくれないかも」って不安に思ってるだろ?

それならモグワンを100円でお試しするといいぜ!

メグ

たったの100円でお試しができるなら、やるしかないね!

愛犬のためだもんね。

ちなみに勝手に定期購入に登録されたりしないから安心だよ。


シロ

ドッグフード選びに迷ったらモグワンで間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です